バレニクリンの服用によって禁煙ができるメカニズムについて

禁煙補助剤というものに、バレニクリンという医薬品があります。
喫煙には習慣性があるために、繰り返してたばこを吸っているうちに喫煙に対する切望感を感じるようになります。
禁煙することが難しいメカニズムとしては、たばこに含まれているニコチンが原因となっていて、ニコチンを摂取すると脳にあるニコチン受容体と結合を行います。
それによって、ドーパミンという神経伝達物質を脳内で放出することになりますが、このドーパミンは快楽物質と呼ばれるものですので、ドーパミンが大量に放出することで幸福感を得ることができます。
ドーパミンによる影響によってたばこを吸うことを止めてしまうと、離脱症状が現れるようになります。
これが禁煙をすることによる切望感や離脱症状が現れるメカニズムであると考えられており、禁煙が難しい原因になります。
バレニクリンはニコチン受容体と結合する性質を持っていて、ニコチンの半分ほどの作用を与えるものとなります。
100%ニコチンを遮断してしまうと離脱症状を発症する危険性がありますが、バレニクリンはニコチン受容体に刺激を与えてドーパミンの放出させるものですので、切望感や離脱症状を防ぎながら禁煙することが可能です。
ニコチンによる受容体の活性ではなく、バレニクリンによってニコチン受容体が活性化されますので、たばこを吸ったときであってもバレニクリンによる効果で刺激を受けることになります。
このメカニズムによって、喫煙によって得られていた満足感を減らしていくことが可能です。
バレニクリンの処方に関しては、禁煙外来が設置されている医療機関を受診することで医師の診断のもと、処方してもらうことができます。
従来まではニコチン製剤を使用した禁煙治療が多かったですが、現在では禁煙補助剤であるバレニクリンを服用する治療方法が多く用いられています。

ページトップへ