禁煙することでニコチンが欠乏すると離脱症状が起きます

喫煙することは、様々な身体における病気を発症してしまう原因になることがわかっていますので、禁煙にチャレンジしたいと考えている人もいるでしょう。
たばこにはニコチンという成分が含まれていて、ニコチンは脳内に運ばれることでニコチン受容体と結合をします。
そのときに脳内の快楽物質であるドーパミンを放出しますので、たばこを止めることが難しくなる原因になっています。
禁煙を行うことによって、たばこにおける切望感や離脱症状を発症します。
禁煙中における代表的な離脱症状としては、精神的にいらいらすることが挙げられます。
精神的な不安定さやいらいらを抑える方法としては、ニコチン製剤であるニコチンパッチなどによって補給することで、離脱症状を抑制させることも可能です。
その他の症状としては、禁煙を行ってから1週間ほど経過した頃に頭痛が起きることが多いです。
頭痛が起きたときは2日から3日ほどで治まることも多いですが、症状がひどいときには病院を受診することがおすすめです。
日頃からたばこを吸うことによる覚醒作用で仕事などをこなしている人の場合には、禁煙を行うことによって眠気がひどくなることがあります。
ひどい眠気を発症するときは、普段からニコチンを多く摂取することによる依存の反動的な症状であると考えられます。
眠気がひどいときには、充分に睡眠をとることによって症状を抑制させることができます。
ニコチンを摂取することで集中力を高めている人の場合には、禁煙による影響でニコチンが欠乏しますので、集中力が低下することがあります。
ニコチンが欠乏した反動としては、空腹感を強く感じる症状もあります。
これらの離脱症状に関しては、たばこを止めてから2、3日の間が最も感じやすく、長い人の場合であっても2か月ほどの期間が経過すれば離脱症状は解消されると言えます。

ページトップへ