禁煙の効果は何日目であらわれるのか

お金もかかるし、健康にも良くないと分かっちゃいるけどやめられないのがタバコです。タバコを吸うことによるリスクはタバコのパッケージにもきちんと書かれていますし、色々な本を読んでもあちこちでその内容が繰り返し書かれていますが、なんといっても依存度が高いというと特徴があります。ですから、思い切って禁煙を決断する時には、禁煙をすることでどのような効果がいつ頃あらわれるのかをある程度知っておくとモチベーションが上がります。禁煙の効果が何日目であらわれるかは、それまで1日あたりに吸っていたタバコの量や喫煙を始めた年月などによって個人差がありますが、続けていくと間違いなく体調は変化します。例えば、1日我慢すると血液中の一酸化炭素濃度が正常に戻り、肺がきれいになり始めます。血圧の値もよくなり、心臓発作の確率も下がります。この1日我慢するだけでも相当つらいと思いますが、すぐに効果を実感できます。2日我慢すると、味覚や嗅覚が正常になります。ご飯が美味しく感じるようになります。この48時間後に最も効果を実感します。ここを乗り越えることができるかかどうかがポイントです。そして3日目ともなると、肺活量も増え、呼吸がずいぶん楽になります。禁煙を始めてから何日目かでニコチンが完全に体から抜けるので体調がとてもよくなります。さらに禁煙を続けていくと、あまりタバコを吸いたいと思わなくなります。そこまでいったら禁煙成功です。多くの人は誘惑に負けてしまい、禁煙を始めて何日目かで挫折をし、また元通りになってしまいます。それを避けるためにも、自分1人ではなく、何人かで禁煙合宿という形をとってみるのも有効かもしれません。

ページトップへ